いつも心に音楽を

cobunoko.exblog.jp
ブログトップ

久しぶりすぎて・・・

こんばんは003.gif

久しぶりすぎて、恥ずかしいくらいですが
とにかく、こんばんは!! 

ブログの放置っぷり、すさまじいですねぇ。

誰も見ていないのをいいことに、
怠けすぎです。

スマホを手に入れてから、めっきりパソコンに
向かわなくなってしまいました。

それ以前に、デジカメが今のパソコンに
サッとつなげなくなったことが
ブログから遠ざかる一因になっていました。

今日は、たまたま用事があって
パソコンを立ち上げたので、自分のブログにアクセス。
・・・しようとしたら、もはやパスワードを忘れ
ログインできなかったです。

ホントニ、ジブンノブログカ???

ああ、なんてことでしょう。

慣れ親しんだ庭が、数年放って置いたら
草ボーボーみたいな感じですね。
お恥ずかしい!!

そんなわけで、これからは開き直って写真は全面的に省略し、
文字のみで投稿します。
ええ、パソコンを立ち上げたときだけでしょうが・・・^^;


ブログを放置している間、なにか変化があったかというと。。。

困ったことに、体重が増えました050.gif
ひぃっ~
めっきり痩せづらくなって、どうしたものだか・・・。

あとは、子供達のマネージャー業務が忙しくなりました。
なんでかな?
勉強をみたり、習い事のスケジュール管理とかですね。
自分は親にしてもらったことが一切ないので、
わたしにとっては結構負担感がありますが(苦笑)。
これが、今の時代の育児なのかもしれませんね。

趣味では、変わらずピアノをがんばっています。
最近は、ベートーベンの『月光』のレッスンを受けていて
難しい第3楽章にめげそうになるので、
息抜きにドビュッシーの『月光』を自分で弾いています。
どちらの作曲家にも怒られそうな・・・? ハハハ。

文字だけなら、もっと書けるかも?

ブログは、一日のひととき、
自分を振り返る機会になりますよね。

ときには、戻って参ります056.gif
[PR]
# by shirarinw | 2016-10-24 21:35 | 暮らし | Comments(1)

洋服の問題 追記

そうでした!
一歩前進していました。

昨日、ショートブーツを買い換えました。

デパートの靴売り場で、たまたまとても素晴らしい店員さんに出会えて
てきぱきとアドバイスをいただけたのです。

気に入った靴なので、靴のケア用品も買いそろえ
足下の準備はOKです!

自分できちんと手入れをして靴を履くなんて。。。
幸せだなぁ016.gif

↑根がズボラなのでね、恥ずかしいですけれど
お手入れする余裕ができたということが、本当~にうれしいです。


今はショッピングモールとかネットとか買い物できる場所もいろいろあるけれど
ゆっくり考えて買い物したいわたしには、デパートが1番、な気がします。

特に、靴はね。
合わない靴を買ってしまうと、困りますよね。
慎重に選びたいので、デパートか靴専門店で買っています。

あの店員さん、最後にはご自身のお名前も名乗って(お胸にバッジはありますが)
「またどうぞよろしくお願いします」とおっしゃってくださったので、
その後、デパートのアンケート箱にお礼のメッセージを入れておきました。

悩めるファッション迷い子であるわたしですが、
昨日は安心して、大変気持ちの良い買い物をさせていただきました。

感謝053.gif
[PR]
# by shirarinw | 2015-10-07 16:20 | 暮らし | Comments(4)

洋服の問題

秋になりました001.gif

おっと!
またまた季節ひとっ飛びです。

パソコンが遠くて・・・。
小さな家に暮らしているのになぁ。
たどり着くのが難しい日々でございました。


さて、秋になり、わたしの関心事は洋服です。
なんて平和な!
すみません040.gif

きっかけは初夏の買い物でした。
わたしにしてはめずらしく、デパートで洋服を
スパッと即決で買ったのです。
そうしたら、この服が本当に使い勝手がよく
夏中、いえ、今でもスタメンを張っているのです。
すごいなぁ~、と感心しました。
(服に?選んだ自分に?)

そんなに着るなら、今まで何を着ていたのだ、という話。

スバリ!
ずーっと間に合わせファッションでした。
子育てに忙しく、まさに”なりふり構わぬ”状態だったのでしょうね(恥)


そして、ハタと気がついたのです。
このままではいけないのではないか、と。

よく「40代に入った途端、女性は洋服でつまづく・・・」というらしいですが
これは本当ですね。

自分自身を見直した結果、わたしも見事につまづきに気づきました。

若いときとは、体型が変わっているんですよね。(わたしの場合、激しく!)
以前の服が、そのまま似合う訳がありません。

だから、初夏に久しぶりにデパートで自由に選んだ服が
今の自分に合っていて、進んで着る気持ちになっていたのでしょう。


この、「自由に」というのもポイント。

出産後、洋服を自由に選ぶことって、ほとんどなかったような気が・・・。
「これは○○用にいいかも」「これなら、○○のときに着られる」
洋服を選ぶ基準は、ほぼ子供の用事がらみでした。

学生の頃みたいに、「あ、コレ好き」「おっ、なんか素敵!」という
ノリでは、まったくなかったのです。


でも、結局、役割で選んだ服って愛着が持ちにくいですよね。
→進んでは着ない→普段着る服がない。

おお、見事なダメダメルートの完成!!

なんとかしないと。

でも、ワードローブを一新するとなると、相当お金がかかるではないですか。
独身ではないのですから、お金の自由はききません。
若いときとは違う買い物の仕方をしなければ。
頭を使って。
少しずつ、じっくりと新しいワードローブを完成させるしかない。

どのお店に行ったらいいのか。
どのお店に、どんな洋服が置いてあるのか。
まず、そこからリサーチです。

晩夏から、秋物リサーチを開始しました。
時間を見つけては、デパートに見に行っています。
いつも見てばかりで、なにも買わないわたし。
店員さん、ごめんなさい。。。
なかなか決められないのです。
もともとセンスがないのに加え、
12年間頭の中に「何を着るか」というジャンルが消えていたので、
頭が回らないのです。


40代~50代に向かう今。
どんな服が自分にふさわしいのか。

昔と違って、今はGU、ユニクロなどのファストファッションもあり、
選択肢が多いですね。

同じユニクロを買うのでも、これからは自分なりに
考えた結果のユニクロにしたいなぁ。


一度買うと、恥ずかしいくらい長~く着るタイプなので、
よく勉強して気に入った服を見つけたいなぁ、と思っています。

あ、でも、もしどこかでわたしを見かけても
(あんなに悩んで、着ている服がこれ・・・?)とか、首をひねらないでくださいね。
そうなんです。
悩んだ結果が、その程度なんです。
まだまだ発展途上、道の途中だと思い、暖かく見守ってください(笑)
[PR]
# by shirarinw | 2015-10-07 16:03 | 暮らし | Comments(3)

ナミヤ雑貨店の奇蹟

夏休みに入りました!

子供達は、早速スタートダッシュで
祖父母の家に遊びに行きました001.gif
遊べるときに遊んでおいで060.gif
帰ってきたら、宿題がんばれ!

今年の暑さは、まだしのぎやすく感じております。
室内は溶けるほどの暑さでもない今、
子供がいない好機を逃さず、大好きな読書にいそしみました。

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』  東野圭吾 著


もともと東野圭吾は、息子が好きな作家。
息子はミステリー好きで、海外物から日本の作家まで
大人と同じ本を読んでいます。
なので、わたしもオススメの作家やおもしろい本を教えてもらうのです。

東野圭吾は、もちろん前から知っていました。
これまでにも何冊か読んだとは思うのですが、
春に息子から勧められて『マスカレード・ホテル』を読んで
(しかも、息子がお小遣いで買った本でした。ありがとう!)
本当におもしろくて、感心したのでした。


前置きが長くなりました。

今回読んだ、この『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

わたしは、2時間ほどで
スルスルと読めてしまいました。
少し読むスピードが速めなのかな?
そんなすぐに読み終わってしまったのがちょっと残念なくらい、いいお話でした。

そもそも新刊で本屋さんで並んでいた頃、目をつけていたのですが
相当売れたようですね。
わかります!

なんと言うか、いい人も、間違った行いをした人も、
人と人は支え合って生きていくんだ。
そんな作者のメッセージが込められているような気がしました。

人にもっと優しくしたい。
多くの人が、この本を読んで素直にそう感じてくれたら
素晴らしいのにな、と思いました。

すごくストレートな感想ですが・・・(笑)
小学生みたいですね、わたし012.gif


いつも思うのです。
人はなぜもっと人に優しくできないのか、と。
不思議でたまらないのです。

「なぜ、その振る舞い? それは必要ですか?」と、問いたいのです。
「なぜ、その言い方? 違う言い方、工夫できませんか?」と。

優しさとは、動物ではない、人間だけが持っている知恵なのではないでしょうか。
なぜ人は人であることを、いとも簡単に放棄してしまうのか?

わたしは、そういう場面に遭遇すると
心の底から情けない気持ちになります。

そして、いつも思うのです。

わたしは、なんて人間が嫌いなのだろう、と。

でも、あるときはこうも思うのです。

わたしは人間を嫌いなのではない。
ただ、愛がない人間が嫌いなのだ、と。


生きていると、いろいろな事があります。

感情にまかせて、誰かにつらく当たれば気が晴れますか?
本当ですか?
それは、何かを解決しますか?

誰だって、いろいろな事があるのです。

だけど、黙って耐えている人だっているのです。
人を攻撃せずに、違うアプローチで解決しようと
努力する人だっているのです。
なぜ、あなただけ、勝手放題に人を傷つけるのですか?

わたしは、そう問いかけたくなります。

それは、あまりにも哀しすぎやしませんか?


生まれたての赤ん坊は、自らの意志によってまだ誰も人を傷つけたことがない。

それなのに、なぜ、人は簡単に自分をおとしめてしまうのでしょうか?

純粋で賢明な自分を保つ努力だって、できるはずなのに。

一時、自分が抱いた悪感情を誰かに向かって爆発させて清清したとしても、
なにがいいことがあるんだろう?

わたしは、稚拙だろうけれども、
感情を爆発させる人ではなく、常に解決方法を模索する人でありたいと思います。

人を攻撃するよりも、解決。
なるべく人を傷つけないで、解決。
これが、理想だと思います。
なぜって、それが多分、優しさだから。
人が人である証。

わたしは、人でありたい。
[PR]
# by shirarinw | 2015-07-23 22:29 | 暮らし | Comments(2)

バラの記録 ~ジュビリーセレブレーション

締めは、この方!
ジュビリーセレブレーション!!

わたしはこのバラが大好きで大好きで、
花の咲かない冬の間、何度も何度もジュビ様の写真を求めて
ネットサーフィン。
見てはため息。。。
あまりにもしょっちゅう写真を見ているものだから、
子供達に「ママ、バラが咲くのがとっても楽しみなんだね」と
半ば呆れられるほど。

だってねぇ~、本当にきれいなのよ。美しいのよ。
だのに、わたしったら直前に床に伏して(文字通り。久々につらかった・・・。)
開花のカウントダウンも記憶もうろう。
ロザリアン魂、不完全燃焼でございましたー。えーん。

でもね、家族の協力の下、開花にこぎ着けましたのでね。
ご覧くださいね。

e0200024_12463481.jpg

わたしに代わって、娘が花首をムンズと捉えて、ハイ、チーズ!

ここから開花へ。
写真が順不同で、すみません。ペコリ。
e0200024_12474521.jpg

e0200024_1249618.jpg

ほどけるジュビ様。

e0200024_12501511.jpg

光抱くジュビ様。

e0200024_12512111.jpg

後光さすジュビ様。

e0200024_12522788.jpg

ポストの横から顔を覗かせるジュビ様。
郵便を入れてくださる方に、香りのプレゼントできているかな?
フルーツ香で、倒れそうなほど素晴らしい香りなんですよ。
(あ、倒れたら困ります。郵便屋さん、お気を確かに。)

この春は、一番花が13~15くらいつきました。
冬に、鉢を大きくして植え替えたのが良かったのかな。

娘の卒園記念に買ったバラ。
今年で2度目の春です。
上出来だと思います060.gif

大変ポテンシャルの高い、素晴らしいバラです。
ロザリアンの中で、ジュビリーセレブレーションの支持が高いのも至極納得。

美、香り、強さ。
三拍子揃った、期待を裏切らないバラです。

今朝、一番花を半分くらい切りましたが(室内にお迎え~。家の中が春~♪)、
すでに2番花が蕾を膨らませています。

ジュビ様は、蕾の時期が長いのです。
ぷっくり膨らんだ蕾が、開くまで、じんわりじんわり待たされます。
これだけの花びらを内に秘めているのですから、
咲くと納得できますよ。
待っている間は、つらいですけどね(笑)
[PR]
# by shirarinw | 2015-05-20 12:54 | Comments(2)